軽貨物運送で稼げる会社や地域とは?特徴や選ぶポイントを解説

生活様式が変化し、オンラインショッピングなどが一般的になってきたことで、軽貨物ドライバーの需要は急増しています。また、頑張れば収入が上がる仕組みの軽貨物ドライバーに、働く側も魅力を感じるようです。

では、軽貨物ドライバーが稼ぎやすい会社は、どのような特徴があるのか気になるのではないでしょうか?

この記事では、軽貨物ドライバーとして稼げる会社や地域の特徴、選び方などについてお伝えしますので、実際に働くときの参考にしていただければと思います。

軽貨物ドライバーとして稼ぎやすい会社の特徴

軽貨物ドライバーが稼げる元請会社の特徴には、報酬の仕組みが関係します。軽貨物ドライバーの多くは業務委託で、元請会社から委託された荷物を運んだ分だけ売上となるシステムとなっています。

その際に発生するのが手数料で、決まった割合か固定の金額が差し引かれたものがドライバー側の最終的な収入となります。

収入に占める手数料の金額が少なければ少ないほど、自分の手元に残る金額が多くなるため、軽貨物ドライバーに有利になるように手数料設定がされている会社のほうが稼げるでしょう。

また、いろいろな雇用形態を用意している会社は、長期的に見て稼げるといえます。軽貨物ドライバーは、数をこなした分だけ収入が得られるのが魅力です。ですが、実際に稼げるようになるまでに経験が必要で時間がかかります。

近年では、軽貨物ドライバーの担い手不足が深刻になっているため、正社員求人を出す会社も出てきています。初めて軽貨物ドライバーとなる人は、研修制度や福利厚生がしっかりしている正社員として働くことで、後々稼げるドライバーになる下地ができることでしょう。

また、独立や法人化を支援する制度がある会社も、安定して稼げる軽貨物ドライバーになるうえで役立ちます。

稼げる会社を選ぶ際のポイント

軽貨物ドライバーが稼げる会社の選び方で大切にしたいのが、自分の能力や限界の把握です。

稼ぎたい気持ちはだれでも持っているものですが、体力や適性は個人個人で異なります。体力があり運転を楽しめる人であれば、数をこなすことで収入がアップする個人宅配を扱う会社で働くと、努力に見合った収入を得られるかもしれません。

また、高い運転スキルを持つ人は、スポット便や、壊れ物などを扱うチャーター便を手掛ける会社で働くと、単価が高く設定されていることが多いので、稼ぎやすい環境といえます。

いずれにしても、自分に合った働き方がその会社で実現できるかどうかが、稼げるか否かを左右します。

稼げる会社の探し方で重視したいのが単価設定です。単価が高く設定されていると魅力的に感じますが、それだけ仕事の内容がきつかったり、責任を求められる仕事が多くなるようです。

単価設定が高すぎず低すぎず、相場に見合った適正価格が設定されているほうが働きやすく、慣れるにつれて稼げるようになるでしょう。

軽貨物ドライバーで稼ぎやすい地域の特徴

軽貨物ドライバーは、稼げる地域とそうでもない地域があります。稼げる地域は、人口が密集しているという特徴があります。人口が多いと、比例して荷物の量が増える傾向があるからです。

また、住んでいる人の年齢層もポイントです。都市部のほうがオンラインショッピングを利用する若い人が多く、荷物量の多さにつながっています。

人口が密集する首都圏では、マンションなど集合住宅が立ち並んでいます。住宅が狭い地域に密集していることで、住んでいる人も多くなり、荷物量が増える要因となることは容易に想像できるでしょう。

荷物の単価は軽貨物ドライバーがその地域にどれだけいるかも関係しています。仕事が潤沢にあり、軽貨物ドライバー以外の仕事でも十分稼げる地域だと、きついイメージが強い軽貨物ドライバーの仕事を選ぶ人は少なくなります。

景気が良く人手不足が深刻な時期であればあるほど、運送会社はドライバーを確保するために単価を上げる必要に迫られるかもしれません。そう考えると、仕事の種類も求人も多い都市部のほうが荷物を運ぶ単価が高くなるため、稼ぎやすいといえるでしょう。

これらの事情を総合して考えると、東京・千葉・埼玉・神奈川などの首都圏や大阪などが稼げる地域に挙げられます。

軽貨物会社の求人の見るべきポイントと注意点

軽貨物ドライバーの求人を検討する場合、まずは、提示されている条件をきちんと見極めることがポイントです。

他の企業に比べて破格の待遇を用意している会社も見受けられますが、ノルマがあったり、仕事を始める際に高額な初期投資やロイヤルティを請求されるケースもあるため、注意が必要です。

また、車の持ち込みが可能な求人を選んだほうがよいでしょう。軽貨物ドライバーになるにあたり、車両の購入が必須となっている運送会社もあるからです。

運送会社として車両のデザインを統一したいなどの考えもあるため、一概に車両の購入を要求する会社が悪いわけではありません。ですが、相場よりも車の購入価格がかなり高く設定されていることもあるため、注意が必要です。

軽貨物ドライバーの求人を見るうえでの別の注意点は、加盟金や入会金です。加盟金や入会金があまりに高額で返金されない場合は、借金を背負って仕事を始めることになってしまいます。

特に軽貨物ドライバーの需要が多い都市部では、加盟金や入会金を支払う必要がない元請会社もあるので、比較検討するとよいでしょう。

まとめ

今回は軽貨物ドライバー稼げる会社や地域の特徴、選び方などについてお伝えしましたが、実際に軽貨物運送業で働くときには必ず押さえておきたいポイントでもあります。

単価が適正であることに加え、自分の体力や適性に合った仕事を提供していることが関係します。特に稼げる地域は人口の多い大都市圏です。オンラインショッピングなどを駆使する若者が多いかや、その地域に軽貨物ドライバーのなり手がどれだけいるかも関係しています。

軽貨物ドライバーを取り巻く環境を理解したうえで、自分に合った仕事を見極めるようにしましょう。

関連記事

軽貨物運送業の繁忙期・閑散期はいつ?

軽貨物運送業の繁忙期・閑散期はいつ?

軽貨物運送業として働くうえで、収入の安定性や休日が取れるかどうかは重要なポイントです。軽貨物ドライバーは運ぶ荷物の数によって売上が変わってくるため、繁忙期と閑散